UnNews:「なぜ3Dにしないのか」ニンテンドー3DSのCMに苦情

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2011年3月4日配信】

先月26日に発売された任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドー3DS」のCMについて、一部の視聴者から「なぜCMの映像を3Dにしないのか」等の苦情が任天堂に寄せられていることが明らかになった。

ニンテンドー3DSは、2つある画面のうち上の画面でゲームを3次元で楽しむことができるが、ゲームの紹介CMは従来通り2次元表示となっている。このためゲームの映像を忠実に再現することができず、3Dテレビの保有者を中心に「ゲームが3Dでどう表示されるのかが分からない」「テレビもゲーム機も3DになったのにCMを3Dにしない理由はない」などという意見が相次いでいる。テレビに関しては昨年から3D表示対応の機種が各社から発売されており、3Dメガネが必要な点がニンテンドー3DSとは異なるものの、3DでCMを制作することは不可能ではないとも言える。

これについて、任天堂の岩田聡社長は「お客様からのご意見を真摯に踏まえ、前向きに検討したい」とした上で、「6歳以下のお子様には目の発達に悪影響が出る恐れがあるので、CMも従来通り2Dでご覧いただきたい」と話している。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ