UnNews:「小女子焼き殺す」懲役16年

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

彩の国さいたまの国立丹後小学校校庭内で小女子を焼き殺したとして、殺人などの罪に問われている、自宅警備員杉田敦史被告(23)の初公判が、さいたま最高裁判所にて行われた。

検察側は「生きた小女子を直火にかけ、美味しく焼きあがるという、死の恐怖を不当に与え続けた。自らの食欲を満たすための演出であり、極めて残忍」として、懲役16年を求刑。

一方の弁護側は「さいたまの豊かな自然の中で、釣った魚をその場で焼いて食べることは、牧歌的で何の問題も無い」などとして無罪を主張している。

この問題について、豪州など海産物に人権を認めることに積極的な国々は、鋭い視線を向けている。捕鯨問題によって、日本は海産物に対して非道という印象を世界に与えてしまった。各国では「可哀想なので焼く前に殺しておくべき」「何故佃煮にしなかったのか」などの意見が相次いでいる。また、この事件を厳しく罰することにより、日本の海産物に対する人権意識向上が図られることが期待されている。小魚の殺し方を問う、判決の行方が注目される。


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはシーシェパードか何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ