UnNews:「白い恋人」訴訟で和解成立 ユーモア精神守られる

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2013年2月15日配信】

北海道の銘菓「白い恋人」を製造・販売する石屋製菓札幌市)が、菓子「面白い恋人」を販売する吉本興業大阪市)に対し販売差し止めと損害賠償を求めた訴訟は、札幌地裁にて2月13日、和解が成立した。「面白い恋人」のパッケージデザインを変更すること等を条件に、販売の継続が可能になった。

この裁判では、日本のお笑いの権威ともされている吉本興業のユーモア精神が認められるかどうかが問われたもので、仮に石屋製菓が勝訴すればこれ以降商品名のパロディなどの面白みのあるアイデア、ひいてはお笑い文化の存在意義が否定されることになり、経済が低迷し社会全体が陰鬱になるなど悪影響を及ぼす可能性があった。それだけに、この裁判は極めて重要な意味を持っていたと言える。当初石屋製菓側は、面白い恋人について「全然面白くない」と話していたが、後に自らの頭の固さを痛感し、和解に転じることに決めた。

吉本興業は「石屋製菓様に私たちの笑いを理解していただき、非常に嬉しく思っています」とのコメントを発表した。今回の和解により、日本のお笑い文化や吉本のユーモア精神は守られることになった。

和解を受けて、嘘とユーモアを基調としている百科事典「アンサイクロペディア」の利用者からも評価の声が挙がっている。ある利用者は、「面白い恋人は面白いと思う。ぜひ買いたい」と話した。また別の利用者は、「真似をされることに価値があるし、むしろ売り上げが増える可能性だってある。もし石屋製菓が勝っていたら、もう二度と白い恋人は買わなかっただろう」とコメントしている。

関連ニュース[編集]

外部リンク[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ