UnNews:「選挙するな!」日本で巻き起こった、前代未聞の"脱"民主化運動のゆくえは?

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

【UnNews 日本語版より】

「選挙をするな!」 前代未聞の報道に、世界中からの注目を集めている国がある。

民主化運動への弾圧か?あるいは、不正選挙への抵抗か? 信じられないことに、今回はどちらのケースにも当たらない。

一見すると全く意味不明な主張が繰り広げられている国は一体どこなのか?

それは、日本である。一応、安定した民主主義国家として知られている日本に異変が起こっているようである。

背景[編集]

2014年11月21日、日本の安倍晋三内閣総理大臣によって衆議院(下院に相当する)が解散された。 表向きの理由は「消費税増税の先送りと、アベノミクスの是非を問う」とされているが、 野党が弱体化したこのタイミングで選挙を行えば、確実に4年は政権を延命できるという 見え透いた首相の思惑が各方面から指摘されている。

※ 日本語版では、他言語版で詳述されている解説の一部を省略しました。 お手数ですが、アベノミクスや与党野党の関係等 日本の政治に関する常識的なことについては 必要に応じて読者様ご自身でご検索ください。

野党・マスコミの反応[編集]

野党にとって、衆議院選挙は政権奪還のチャンスとなる。それゆえに、通常であれば 待ってましたとばかりに与党への反撃が開始されることになる。 また、各種マスコミは自社の政治姿勢の正しさを世論に刷り込むべく 政治家に負けない勢いで政策論争を繰り広げるのがお決まりの流れである。

野党も野党寄りのマスコミも、与党を下野させるべく 内閣総理大臣を衆議院解散選挙に追い込むのが本来の姿である。

しかし、今回は違った。なんと「解散の大義が無い」という理由で 「衆議院解散」という行為自体が批判を浴びている。

日本国憲法上の欠陥は争点にならず[編集]

今回の衆議院解散は、内閣の助言と承認により行われる7条解散に該当する。 その妥当性はさておき、条文を素直に読んでしまうと、 内閣の助言と承認さえ有れば好き勝手に7条解散を行うことができてしまう。

ところが、「大義名分無くして選挙なし」と主張する者は多いものの 憲法上の規定を変えるべきだという主張は全く展開されていない。 ここで墓穴を掘ってしまい、与党が狙っている改憲運動を うっかり助太刀してしまうのは宜しくないという 大人の事情が背景にあると考えられる。

大義名分が無くとも憲法上は全く問題無い。 が、そんな憲法の欠陥を指摘するわけにはいかない。

このような事情から、「税金がもったいない」などという 先進国・民主主義国家のプライドをかなぐり捨てたような主張や 「たった2年で選挙するなんて期間が短すぎる。(けど、制限するために憲法を変えるわけにはいかない)」 といった苦し紛れの解散反対論が飛び交っているわけである。

周辺各国への配慮か?策謀か?[編集]

広く知られている通り、日本の近隣にも民主化運動に悩まされている国家がある。 ここで東アジアの民主主義の牙城たる日本の民主主義体制を妥当してしまえば、 自国の民主化運動も打撃を受けるのではないか?

そのような国家と日本の野党、反与党のマスコミとの関係は不明ながらも、 そんな陰謀論も浮かび上がりつつある。

だけど誰も気にしないようである。

結果[編集]

与野党の議席数にあまり変動は無かったものの 投票率は52.66%と見事に戦後最低の数字を記録した。 若者を中心に、日本は脱民主化へ一歩前進したようである。


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ