UnNews:アンサイクロペディアで「エクストリーム・リバート選手権」開催

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【UnHK NEWS WEB:2月29日配信】

学生仕事のない若者に人気のインターネットサイト「アンサイクロペディア」で、2月26日から28日にかけて「エクストリーム・リバート選手権」が開催されました。

これは、同サイト上にボットによるものと推測される荒らしが出現し、内容のない新たな記事を作成したり、不特定の記事の一部を英語の文章に置き換えたりする「スパム」と呼ばれる投稿を繰り返したことを受けて、アンサイクロメディア財団の指令により急きょ開催が決まったものです。

エクストリーム・リバートのルールは、スパムの投稿がされた場合に、その投稿を取り消して記事を元の状態に戻すというもので、いち早く投稿を差し戻した人が勝者となります。参加に必要な資格などは特になく、記事の編集を行うことができる人であれば誰でも参加することができます。ただし、スパムの投稿が連続して行われた場合には、直前の編集の取り消しだけでは記事が元の状態に戻らないため、適切な対応を取る必要があります。

対戦はオンラインゲームの方式で行われ、参加者たちはそれぞれ自宅や学校、職場などのパソコンからアンサイクロペディアにアクセスして、記事の履歴や差分から「取り消し」を選択したり、管理者専用のロールバック機能を駆使したりしながら、思い思いの方法で対戦を楽しんでいました。

現在はスパムの投稿が停滞しており、競技も一段落している状況ですが、今後再びボットが活動を開始する可能性もあることから、アンサイクロメディア財団は引き続き参加者を募集していく考えを表明しています。

財団によれば、エクストリーム・リバート選手権の参加者には、もれなくSPAMポークランチョンミート1年分を購入する権利が与えられるということです。

関連する情報[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ