UnNews:オバマ大統領がノーベル平和賞受賞

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オバマの平和はアメリカの平和であり、アメリカの平和は世界の平和であるのだ

【2009年10月9日配信】

ノルウェー国会議事堂で一年にわたり行われていた大競り市の結果が9日に発表され、アメリカバラク・オバマ大統領がノーベル平和賞を見事競り落としたことが明らかになった。

競りはノルウェー国会より指名された5人の代表を通して間接的に行われ、事前に提示していた出資額が最も多かったオバマ氏がジンバブエのツァンギライ首相、アフガニスタンの女性活動家シマ・サマール氏ら、史上最多の205人の候補を抑え、圧勝する形となった。

ノーベル委員会のヤーグラン委員長は「核なき世界へのビジョンと軍縮への意気込みを評価する」、「彼の発言により米国は世界が直面する大きな課題に挑む建設的な役割を演じることになった」などと、今回のオバマ氏の受賞理由を平和に語った。

オバマ氏は48歳。ケニア人の父を持ち、昨年共和党ジョン・マケイン候補との熾烈な戦いを制し、アメリカ史上初の黒人の大統領となった。その発言により国内にとどまらず国際政治に次々に新しい風を吹き込み、世界中のテレビカメラと銃口を一手に集めた。

今回の受賞を受け、各国の首脳から喜びのコメントが多数寄せられている。アフガニスタン暫定行政政府のハミド・カルザイ大統領は、「オバマ氏の軍縮に関する一連の発言は、それ自体がアメリカにとってこれ以上望めないほどの大きな成果だ。今回の受賞を今のうちに心より祝福したい」と激賞し、タリバンのスポークスマンであるオマル・ナナカマード氏も、「度重なるトマホークの贈呈、真に痛み入る。今回の受賞を祝福すべく、授賞式にはぜひ我々も参加したく思う」と好意的なコメントを寄せた。

授賞式は12月に行われる。

関連記事[編集]


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ