UnNews:クイズマジックアカデミーでトレイン検定が配信された

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

アンサイクロペディア ゲーム課 9月14日16時配信】

トレイン検定を受けようと行列を作る鉄道教マジックアカデミー生徒。

近年、新しいタイプの学校として人気が高まっているクイズマジックアカデミーだが、本日新たに検定試験が3つ配信された。その中で特に注目を集めたのが「トレイン検定」である。

この検定はその名の通り電車鉄道に関する内容の検定である。実は当学校に在籍する鉄道教信者からは不満の声が上がっていた。まず鉄道趣味はアニメよりも歴史が古く、日本は世界を代表する鉄道趣味王国でありながら(厨房が鉄道趣味に参加しているのはほぼ日本だけである)、雑学のジャンルにボッシュートされていた。それに対しまだまだ歴史の浅いアニメゲームには専用のジャンルが用意され、「鉄道の存在を軽視している」「担当者がキモオタだからだ」という声が上がっていた。また、ゲームセンターの筐体がアップグレードされるたびに鉄道関係の問題は減少しており、より不信感が高まっていた。

そこで制作会社のコナミは検定試験として鉄道の問題を配信することを決定したのである。 この検定を鉄道教信者は待ちわびており、配信された14日にはゲームセンターの前にはトレイン検定をプレイしようと100人以上の行列を作ったところもあった。

ただし、製作側に鉄道教信者はいなかったのか、いくつかの問題で嘘っぱちの内容が確認されている。mixiには「新幹線700系電車新幹線N700系電車が同じだと勘違いしている」という書き込みがあり、筆者も実際にプレイしてみたところ確かに700系とN700系を同じだと勘違いしているようであった。この嘘問題には何もユーモアが無いため、担当者はウィキペディアンと思われる。

また、「JRの特定都区市内制度の対象となっている市」を選ばせる問題で、「川崎市」を選ぶと誤答にされてしまうという事例も確認されている。川崎市は、一部の駅のみが特定都区市内制度上の「横浜市」に含まれているため、この手の問題で川崎市を選択肢に含めること自体が、出題上明らかに不適切である。
しかし、これは「かつて運賃を手計算で算出していた頃の名残である特定都区市内制度なんか、マルスが普及した現代では不要であり、ややこしいから廃止してしまえ」という意思を、アカデミー流のユーモアとして出題したものであると捉えられている。このことから、担当者にはアンサイクロペディアンも含まれていると考えられる。

他にもいくつか間違った問題や曖昧な問題があり、決して最高の滑り出しとは言えない。しかし、トレイン検定というものを設けたこと自体の評価は上々であり、クイズマジックアカデミーの生徒数上昇が予想される。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ