UnNews:クリスマスにも広がる不況の煽り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2008年12月25日 13時26分配信】

Santa.jpg

毎年、クリスマスになると、サンタクロースがやってくるのを待とうと夜更かししていた幼少期を懐かしく思い出す。いつもサンタが来る前に眠りに入ってしまって、朝飛び起きると枕元にはプレゼントが置いてあり、嬉しい反面、サンタに会えなかったことが残念で仕方なかったりした。

しかし今年のクリスマスは何かが違う。サンタが街に溢れているのだ。イブからクリスマス当日にかけて、随所で車に乗って移動するサンタクロースが多数目撃されている。不況の煽りを受けて派遣社員トナカイおよそ10万頭がクリスマスを目前に解雇されたのだ。人件費のかかるトナカイを使うよりは、ガソリンが値下がりしたため、車を使う方が安いと国際サンタクロース連盟が判断したためだ。さらに世界中の子供達にプレゼントを配るという事業にも毎年、莫大な費用が費やされているが、不況の煽りを受け子供一人当たりにかかるプレゼントの値下げが行わた。その結果、希望通りのプレゼントを受け取れなかった子供達が続出している。中にはwiiを頼んだのに、包みを開けてみるとviiと書かれた中国製のゲーム機をプレゼントされた子供もいる。またプレゼント費用を抑えても資金難が続くためか、街の量販店や飲食店などの店頭でサンタクロースが客引きのアルバイトをする姿も随所で目撃された。

私たちが子供の頃に思い描いた、トナカイに乗ってプレゼントを配るサンタクロースの姿も今は見ることもなく、不況の煽りは子供達の夢だけではなく、私たちの思い出も潰していく。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ