UnNews:マメに耐性を持つ鬼を検出、国立感染症研究所が発表

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【アンサイメディカル】2016/2/3 11:29配信

検出されたウイルス

国立感染症研究所は、3日、マメに耐性を持つONIウイルス(通称オニサン)が検出されたと発表した。

2015年に、患者から分離された青型ONIウイルス5株について、東京衛生研究所が遺伝子解析による薬剤耐性マーカーのテストを行ったところ、5株すべてが赤型に変異する特性を持っていることが明らかになった。 さらに国立感染症研究所で、ONIウイルスの特効薬であるマメ、イワシヘッド、ヒイラギに対する薬剤感受性試験を行った結果、赤型変異が確認された5株は、いずれもマメとヒイラギに対して耐性を示すことが確認された。一方、イワシヘッドに対しては感受性を保持していた。

今回確認された耐性ウイルスは、マメとヒイラギに対する感受性は500倍以上低下していたことが分かっている。

感染研では、「鬼を豆ごときで追い払えるはずがなかった」との見解を示し、ONIウイルスに対する新たな特効薬として期待のかかるPeach Boyの開発を急ぐとしている。

関連ニュース[編集]

<速報>2013/14シーズンに札幌市で検出された抗インフルエンザ薬耐性A(H1N1)pdm09ウイルス

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?
十大バ科ニュース

この記事は2016年十大バ科ニュースにて第四位を受賞しました。
いや、ただこれを貼っただけなのですが、なにか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ