UnNews:中国で偽物鋼材の販売が横行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

【安西通信】 中国国内で偽物鋼材が流通している事が鉄鋼業者のリサーチによって判明した。中国製品は贋作などが有名だが、その手口は既に鋼材にも回ったようである。手口としてはベニヤ板を丁度良いサイズに加工し、メタリックシルバーなどの塗料を塗りつけて販売するというものであった。偽鋼材の特徴は本来の鋼材よりも圧倒的に軽く、また触れた際に手に塗料が付着する、火にくべると燃えるなど本物の鋼材とは異なる点が多い。中国当局は偽物を取引しないよう呼びかけ、購入する前に鋼材をまず火にくべるよう指導を行った。偽鋼材を購入した中国メーカー担当は「値段が安く、なおかつとても軽い良質な鉄と勘違いした。しかし普段使っている中国産の鋼材よりも場合によっては優れているかもしれない」と木製の鋼材の性能を評価した。一部建築業者では「確かにH鋼には何故か釘が刺さっていたが気にも留めなかった、そのくらい中国では普通だから」と偽物と気付かなかったケースも多く、一部企業では鉄よりも安いということで公式導入を検討する動きも見せている。

偽鋼材による建築は一部から危険性を指摘する声が上がっているが、中国国内の建築物は震度0で倒壊するなどその以前からその性能が疑問視されており、政府高官は「どうせ壊れるんだから安い方がいいだろう」と建築物が消耗品であるとする公式見解を発表した。また「鉄道などを通す際も撤去が簡単で良い、燃やせば無くなる」と国政への貢献を期待する声もある。

外部リンク[編集]


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ