UnNews:個別的自衛権の大幅な縮小を目指す安保関連法案が成立

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事は左に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

【安西新聞】2015/9/20配信

日本時間の19日未明、いわゆる安全保障関連法案が成立した。 各紙で報じられている通り、今後日本の国防の在り方が大きく変わることになる。


  • 個別的自衛権の適用範囲を、日本の本土が直接攻撃された場合に限定する。
  • シーレーンでの通商破壊等、国外での武力攻撃に対する個別的自衛権を放棄する。そのうえで日本と同時に攻撃された国が存在し、援助要請が行われた場合に限り集団的自衛権を行使する。
  • 存立危機事態または重要影響事態に該当し、日本以外の他国が攻撃され、援助要請が行われた場合に集団的自衛権を行使して先制攻撃を行う。ただし直接最前線で敵軍を攻撃せず、手厚い後方支援にとどめる。


この法案について日本の世論は完全に二分されている。 反対派は憲法違反と日本が戦争に巻き込まれる可能性を主張している。

一方で賛成派は

  • 憲法よりも世界の空気を読むことを優先するのは当然である
  • 個別的自衛権を縮小しているから戦争に巻き込まれる可能性はむしろ減っている
  • 先制攻撃の後方支援で日本まで宣戦布告されたとしたら結果的に日本本土が攻撃される可能性があるが、それは結局集団的自衛権を行使した先制攻撃が必要だったことの証明になる
  • 最前線の部隊と違い、狙いやすいからといって後方支援部隊が攻撃されるのは武士道に反するのであり得ない
  • そもそも集団的自衛権の枠組みがあるため日本が好き勝手に参戦できるわけではない
  • 憲法を律儀に守ることにこだわらず、本当に必要な戦争はためらわず行うべきでそれは賛成派の望むところだ

などと隙のない反論を展開している。



UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ