UnNews:川崎フロンターレ、親子丼を販売開始

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2013年3月21日 テイリースポーツ】

特注の丼で販売される

Jリーグ1部の川崎フロンターレがクラブ公式グッズとして親子丼を開発し、早ければ30日のリーグ戦第4節ヴァンフォーレ甲府戦から等々力陸上競技場にて販売される予定であることがわかった。公式グッズとして飲食メニューが販売されるのは異例。

フロンターレは昨年途中から監督に就任した風間八宏監督の攻撃サッカーがここに来て浸透し、5点失った後に4点取って惜しくも敗戦したり、その次の試合でカウンターサッカーを試してみたら相手を見事1点に抑えて完封負けするなど弱者のサッカーが完成の域に達しつつある。

その風間サッカーを支えるのは、ドイツの下部リーグで武者修行していた風間宏希(MF)・風間宏矢(MF)の実子2人と、風間氏の筑波大学監督時代の教え子である山越享太郎(DF)と森谷賢太郎(MF)の4兄弟である。この4兄弟はサッカーの基本である「ボールを止める・蹴る」を発展させた「ボールを止めて迷っている間に奪われる」プレーを得意としており、ボールを奪われても決して追いかけず、それ以外のシーンでは試合から消えるパスサッカーの真髄を「親子鷹」の形で日本のJリーグで体現している。20日に行われたナビスコカップ予選リーグ第1節横浜F・マリノス戦でも、先発して前半終了までプレーした風間宏希と後半開始から交代出場した森谷が共にマリノスの選手にボールを的確に配給したり試合から消える動きを見せ続け、マリノスの公式戦4連勝に貢献した。

風間監督も試合後に「チームが負けたとは思っていません」とコメントしたり、攻撃に関する質問に対して「ボールを取られた後の判断がちょっと遅かった」と守備に関する回答をするなど頭の回転が極めて好調であり、「ウチと対戦するまで監督を続けてほしい」と他チームのサポーターから非常に高く評価されている。フロンターレのサポーターからは賛否両論があるが、20日の試合でもマリノス側のゴール裏で「親子丼」と書かれたのぼりが掲げられ、親子鷹体制の継続を求める声が多く挙がっていた。

その他サポからの高評価に応える形で、フロンターレの企画部がクラブグッズとして「親子丼」の販売を企画した。

かつてのフロンターレのホームゲームでは、冷めたパンに冷たいソーセージを挟んだだけの「がっかりドック」が名物化するなど飲食面のサービスレベルが低いことで有名であったが、近年はホームゲーム開催日に競技場そばに「フロンパーク」を開設して様々なメニューを販売するなど大幅に改善傾向にあり、多くの親子連れサポーターがフロンパークのスタジアムグルメに舌鼓を打つ姿が見られていた。昨年の風間監督就任後は親子鷹体制への移行に疑問を持つ親子連れサポーターの多くがスタジアムから離れてしまったが、「この親子丼を通じてもう一度親子連れサポーター達にスタジアムに戻ってきて欲しい」とフロンターレ企画部職員は話している。

また親子丼の提供業者として、同じ神奈川県を本拠地とするバードカフェ(外食文化研究所)が抜擢された。「神奈川県で鳥料理と言えば私達でしょう。この親子丼を通じてフロンターレと風間親子鷹軍団の躍進に協力したい。次も仕掛けます」と水口社長は意気込みを語っている。

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

関連ニュース[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ