UnNews:旭日旗デザインが世界中で大流行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2012年8月21日 アンサイクロメディア財団 海外支局】

その魔除け効果に世界中が注目

日本の旗の1つである旭日旗のデザインが、世界中で大流行の兆しが見えている。

事の発端は、ロンドンオリンピックである国がサッカーの試合終了後に領土問題を訴えるメッセージフラッグを掲げて大騒動になった時に、「それなら旭日旗を模倣したデザインの日本体操選手団も問題じゃないか」と斜め上の抗議をしたことに発している。

この騒動で世界中のスポーツファンが旭日旗の存在を知り、注目が集まり始めた直後の20日に、今度は騒動を起こした同国が「旭日旗を持込可能にしたのは許せない」とU-20 女子ワールドカップボイコットを検討し始めたことで注目度が急上昇。

その結果、「魔除けグッズ」として旭日旗を模倣したデザインのメッセージボードやイラストや衣服が作られ、軒先などで展示する家庭が世界中で急増しているという。

魔除けフラッグの例

アンサイクロメディア財団の海外特派員によると、旭日旗デザインのグッズは2002年のサッカーワールドカップの試合で審判を通じて痛い目に遭ったポルトガルイタリア、開催国のサポーターからナチスのゲートフラッグで揶揄されたドイツ、大会前にエース選手を破壊されたフランスの国民、そしてロンドンオリンピックで最後に恥をかかされた格好になったイギリスの国民の多くが「その発想は無かった」「どんな厳重な防犯設備よりも効果がある」「世界最強の魔除けだ」と絶叫しながら急ピッチでグッズ作成を開始。わずか1日の間にこの5ヶ国では全世帯の7割で旭日旗デザインのグッズが掲げられるようになった模様だ。

この状況に対し、各国のオリンピック協会やサッカー協会などのスポーツ関連団体は「まあ仕方ないね」「ヘタに触れると今度は我々がターゲットになるから触れないでおこう」と静観の構えである。一方日本サッカー協会は「この大会は『名前がペヤングみたいでダサい』と言われている『ヤングなでしこ』と、『W杯の負の遺産』と揶揄されていた宮城スタジアムの復興お披露目会にするはずだったのに、これじゃ旭日旗のお披露目会になってしまう。乃木坂46とよくわからん芸人のお披露目会になるよりはマシかも知れないが…」と複雑なコメントを出している。

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

関連ニュース[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ