UnNews:殺人予告の男性、遠隔操作されていたことが判明

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大阪府在住のアニメ演出家の男性が大阪市のホームページに実名で大量殺人を予告する書き込みをしたとして逮捕、起訴されていた事件で、大阪地検が9月21日、この男性が遠隔操作されていた可能性があるとして男性を釈放していたことが、10月8日に判明した。

何らかの事情で男性に人形使いパペットマスターが取りついて男性を操り、男性の意思とは無関係に殺人予告の書き込みをさせていたものとみられる。大阪の事件と同様に、伊勢神宮爆破予告や幼稚園児襲撃予告がなされた事件でも、遠隔操作の可能性が浮上して容疑者が釈放されている。人形使いに取りつかれると、自分の意志とは無関係に、人類を破壊しようとするような行動をとってしまう。過去には、アメリカのアイオワ州で大量の住民が人形使いに取りつかれたこともある。識者からは、誰でも知らないうちに人形使いに取りつかれ、遠隔操作されてしまう危険があると指摘されている。

なお、検察庁では、国民や地域住民の声を無視して大飯原発再稼動や消費増税、オスプレイ普天間配備などを強行した野田総理人形使いに取りつかれている可能性があるとして、捜査を急いでいる。

関連ニュース[編集]

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ