UnNews:神聖ヒロシマ市国で核廃絶教の儀式が行われた

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2009年8月6日 アンサンクロペディア社会部】

広島被爆記念日の6日、神聖ヒロシマ市国の首都広島市にある核廃絶教の聖地、平和記念礼拝堂で核廃絶教のミサが取り行われた。

各都道府県教区の司教や同教日本教団代表の麻生総司教鳩山次期総司教を始め、59か国5万人の信者が聖地の巡礼に訪れた。遺族代表が献花した後、原爆投下記念時刻の8時15分に遺族が礼拝堂の鐘を打ち鳴らし、巡礼に訪れた信者が同教の主神、「原爆ドーム」の方向を向き一斉に祈りを捧げた。

神聖ヒロシマ市国の元首である秋葉教皇は、「核兵器を廃絶しなければ次の世代への最低限 の責任を果たしたことにならない」と説教した。アメリカ教団代表のオバマ総司教は、「核兵器のない世界を目指す」とのメッセージを寄せた。世界の信者を代表して登壇した麻生総司教は「日本は核兵器の廃絶と恒久平和の実現に向けて、国際社会の先頭に立っていくことを誓う」と神の前で宣言した。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ

関連記事[編集]