UnNews:納屋で迷子の小熊発見、猟友会は熊語の必要性を指摘

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【安西通信】 4日夕方、南砺市の住宅の納屋で小熊が眠っているのを住民が発見した。住民はすぐさま猟友会に通報し、眠っている小熊を捕獲用のネットで包み込み、無事捕獲した。小熊はなんらかの事情で母熊とはぐれ、納屋で眠っていたものと思われるが小熊に対して猟友会が質問しても小熊は首をかしげるばかりであった。それに対し猟友会は「どうしてはぐれてしまったのか、お家を聞いても分からない、名前を聞いても分からない。今後もこのような事が起こりうるため熊語の解明が必要だ」と指摘、猟友会に同行した警察犬も小熊への事情聴取に参加したが「ワンワンワワーン」とお手上げ状態であった。

小熊は発見された納屋から離れた山に放たれたが、本来は冬眠時期である冬に小熊だけを放って生きていけるのか疑問視されている。これに対し猟友会は山中に母熊を探す旨のポスターを貼りつけたが、専門家は「母熊が日本語を読めるとは限らない、やはり熊語の解明が必要」とコメントした。

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ