UnNews:踏み間違え事故防止の妙手“ピストカー”

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

【安西新聞 2016/03/21 配信】

オッサン自動車は、ブレーキペダルが搭載されていない自動車、いわゆる「ピストカー」を再来年春にも発売する計画を発表した。

日本において、ブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違いによる人身事故は、年間約7000件を数え、その発生件数は増加傾向にある。こうした事故の原因は、ドライバーの単なる不注意に還元されがちだ。しかし、「踏むという同じ動作をするペダルがふたつ並んでるという構造自体に大きな問題がある」との指摘をするのはオッサン自動車のピストカー開発主任、苫羅内夫(とまら・ないお)氏だ。それならば、そもそもブレーキペダルがなければ、踏み間違え事故は防止できるのではないか。そのような着想を与えてくれたのは、ブレーキのない競技用自転車、いわゆるピストバイクであったと苫羅氏は話す。『自動車にはブレーキ』という固定観念を捨てることが事故防止の妙手だった。「ピストカーにおいては、踏み間違え事故は100パーセント防止できる」と苫羅氏は息巻く。

ピストカーは、事故防止に向けての絶え間ない前進の、一つの到達点と言えるだろう。

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ