UnNews:AKB48においてイジメ・体罰問題発覚

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2013年1月31日配信】

AKB48の初期メンバーである峯岸みなみが、黒くて太い毛を剃った恥ずかしい姿をYouTubeで公開させられ、号泣。普通は毛の奥に隠れて見えない素肌を曝したあられもない格好に、ファンの間で衝撃が走った。

 本日(1月31日)発売の週刊文春(文藝春秋/2月7日号)が、恋愛禁止とされているアイドルグループ・AKB48のメンバー・峯岸みなみと、EXILEの弟分で、昨年メジャーデビューした「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のメンバー、白濱亜嵐とのお泊り愛をスクープ。これを受け、AKB48の運営側は、峯岸みなみを所属している「チームB」から「研究生」に降格するとともに、丸ボウズ姿の峯岸がファンに向けてメッセージを語る動画をYouTubeに公開し、話題となっている。

警察は、グループ内でのいじめによるものか、あるいは秋元康氏による体罰パワハラの可能性が大であるとみて、慎重に調査を進めている。

大津市教育委員会は、「いじめの事実は確認されていない」とコメントを発表した。大津市教委の沢村憲次教育長は「背景にはAKB48内でのいじめもある」としながらも、「丸刈りになった峯岸みなみさんが家庭内でどんな環境に置かれていたのか、家庭内で何が起きていたのかということも、背景調査で明らかになるのではないか」と述べ、丸刈りはいじめ以外の要因もあるとの見方をにじませた。

大阪市橋下徹市長は31日午後、市役所で緊急会見し「(市教委は)まずは、自分たちの組織がどうなんだというところから根本的に検証して、改めないといけません。市教委・事務局、全く機能していませんね」と述べ、市教委の認識は甘いと批判した。その上で市長は、今年度実施予定のAKB48のメンバー募集を中止するよう申し入れたことを明らかにした。市教委は7日までに実施の可否を判断するとしているが、実際に中止されれば、芸能界の混乱は避けられない。橋下市長が募集中止の方針を打ち出して以降、大阪市役所にはAKB48を志望する予定の学生や保護者から「朝までもんもんとして眠れない」など不安を訴える声が殺到しているといい「芸能界入りを前に目標がなくなるというのは計り知れないショック。生徒の気持ちを思えばもう(発言を)やめたほうがいい」と語った。

批判を受けて、関係者の間では火消しに躍起となる姿勢が露になった。AKBグループ劇場総支配人の戸賀崎智信氏は「峯岸は、その中でどうしても自分の思いの強さを伝えたかったということでした」「そばにいたスタッフは止めたようですが、馬鹿だと思われるかもしれないけど、今、自分にできる反省を形にしたいと取り乱すことなくハサミを前髪に入れたと聞いています」と、丸刈りは本人の意思によるものと釈明した。が、これについて大手美容チェーン店長は、「丸ボウズカットは簡単そうに見えますが、私たち美容師にとっても結構難しいし、自分で切るとなるとなおのこと。加えて、女性が髪を短く切ることには心理的な抵抗が強いため、峯岸さんが自分で切ったとは考えにくいですね」と話した。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ