UnNews:HSBC、スイスで犯罪者にも口座提供か

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2015年2月10日配信】

英金融大手HSBCホールディングススイスを拠点とするプライベートバンキング部門を通じて、富裕層の脱税や資産隠匿を幇助していたことが明らかになった。外貨での多額の現金持ち出しを取り計らっていたほか、国際的な犯罪者に口座を提供していた疑いもあるという。仏紙ルモンドなど複数の報道機関が8日、同行から流出した内部資料を元に報じた。

内部資料には2005~2007年の取引詳細が記載されており、対象は個人顧客10万人以上、オフショア企業約3万社と、銀行からのリークとしては過去最大規模。フランス人の元行員が2007年にハッキングにより入手したものが、各国の当局や報道機関の手に渡った。

また、犯罪者と思わしき人物にも口座を提供していたという。「デューク東郷」なる人物がそれで、その名義の口座に多額の資金が振り込まれるのと時期的に同じくして、銃撃による暗殺事件が発生しているという。

HSBCはこれに対し、「過去に法令順守や管理を怠っていたことを認める」とする声明を発表。スイスのプライベートバンキング部門を1999年に買収した後、事業が完全に統合されていなかったことを理由に挙げている。同行は2011年以降にこれを是正したとしているが、当時の最高経営責任者の責任を問う声も上がっている。

続報[編集]

当時のHSBCホールディングスの最高経営責任者が、先ほど銃撃によって暗殺された模様。ハッキングしたフランス人の元行員も、不可解な自動車事故により、5日前に死亡していた事実が判明した。また、この事件を報じたフランスの報道機関の複数の関係者が、現在、行方をくらませているという。

なお、同行における「デューク東郷」名義の口座は、既に3日前に解約されたとの事。

参考[編集]


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ