UnNews:PC遠隔操作冤罪事件で、アンサイクロペディア元管理者に捜査協力要請

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

遠隔操作によるなりすましで犯罪予告が書き込まれ、冤罪で被疑者が逮捕された事件を受け、警察庁などからなる合同捜査本部は26日、アンサイクロペディア管理者である某氏に捜査への協力を依頼したと発表した。

一連の事件では、4人が5人逮捕されるなど、警察の状況対応能力ならびに計算能力に対する信頼を大きく揺さぶる結果となった。そのため、IT事情に詳しく、アンサイクロペディアの管理者としてなりすましと日々闘った経験を持つ某氏の協力を得ることで、真犯人の逮捕につなげたいとしている。

合同捜査本部では、当該の元管理者による「今は追放された『とあるユーザー』は世界中あちこちのPCを乗っ取って自由に操るスーパーハカーであり、そのスキルを使ってアンサイクロペディア日本版を常に攻撃している」という主張にも着目。その「とあるユーザー」こそが今回のPC遠隔操作事件の主犯ではないかという面からも捜査を進める。

また、当該の元管理者による「捜査の都合上根拠は明かせないし、単純な捜査だけでは証拠は出てこないが、コイツが犯人に間違いない」と主張して追認を得てしまう捜査手法についても学んでいく方針である。

なお、合同捜査本部では、犯行の手口から考慮してアンサイクロペディア日本語版においてというハンドルネームを使用していたユーザーに特に強い嫌疑を掛けており、IPアドレス 3.234.214.179 - IPアドレスなどの詳細の接続履歴の提出をプロバイダに対して求めるなどの裏付け捜査を進めている。合同捜査本部では、これらの地道な捜査により真犯人の逮捕も近いと見ている。

関連ニュース[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ