Windows 9

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事は、en:Windows 9から翻訳されたものです。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「Windows 9」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Windows 9のロゴ

Windows 9(うぃんどうずないん)は、Windows 8の後継として世界を征服することを目的としたMicrosoft製のオペレーティングシステムであった。しかし、開発中のマインドコントロールの問題により、リリース前に放棄された。プロジェクトが閉鎖される前にすべての自由意志を失った9人にのみ配布された。

ビル・ゲイツが世界で最もくだらないオペレーティングシステムを作成した後、彼はより良いオペレーティングシステムを作成したかったのである。ただし、スティーブ・バルマーは、代わりに、より高価な300ドルのライセンスキーを販売し、あらゆる機会にユーザーのお金を獲得するオペレーティングシステムを作成するようにアドバイスした。

歴史[編集]

2013年10月17日、MicrosoftはWindows 8という絶対的な残虐行為を発表した。大規模な反発の後、彼らはそれを放棄して、誰もが嫌う次のバージョンのWindowsで動作するようにした。Windows 9はもともとWindows 8をベースにすることを目的としていたが、スティーブ・バルマーによるスムーズな話し合いにより、ビル・ゲイツは、ユーザーからお金を吸い上げることを唯一の目的として、まったく新しいプラットフォームを作成するよう説得した。しかし、ビル・ゲイツには他の計画があった。彼は、他のオペレーティングシステムを強制的に消去し、独占、マインドコントロールを作成し、Microsoft Storeを使用するように人々を説得できるオペレーティングシステムを作成したいと考えていた。このため、彼はプロジェクトを秘密にし、9人の開発者のチームだけがプロジェクトに取り組むようにした。

マインドコントロール機能の開発中に、開発者は自由意志と独立して考える能力を失なった。彼らは非常に多くの精神的能力を失い、彼らのチンパンジー以下、と同程度ものになってしまったので、ビル・ゲイツは彼らを技術サポートに再割り当てすることにした。ただし、これにより開発が完全に停止し、Microsoftは開発を打ち切っててWindows10で動作することを余儀なくされた。Windows 9の残骸は、部分的なマインドコントロール機能を備えたWindows 8からWindows 10へのアップグレードユーティリティの初期ビルドで発見されたが、脳がチンパンジーレベルの精神的能力に低下しているのを感じることができるので、考えない。難しすぎる。

機能[編集]

  • ブルースクリーンには、Microsoftに提供した金額に応じて、さらに9色の青がある。
  • 誰もがInternet Explorerを嫌っていたため、すべてのWebブラウザが削除された。
  • Ebayでその男から入手したライセンスキーを検出し、正規のキーに対してMicrosoftに300ドルを支払うように強制する。
  • ビル・ゲイツがマインドコントロールテクノロジーで世界を征服するのに役立つ組み込み機能
  • 新しいプログラムをインストールするたびに9ドルかかるが、Microsoft Officeは9ドルしか払わなくていいので、それでいいのではないでしょうか。
  • プログラムはMicrosoft Storeからのみインストールできる。
  • 接触すると他のオペレーティングシステムを自動的に全滅させる。(そしてLinuxのペンギンを拷問する)
  • iPodをZuneに変換しようとしている。
  • 9番目の箇条書き
  • Microsoftは、より多くのお金を稼ぐためにデスクトップにスパム(電子)を置いた。
  • Windows 9 Professional Editionを購入すると、ブルースクリーンの数がわずかに減少する。
「Windowsを更新するたびに、イノベーションが不足し、改善も見られない。」
改善 について、ビル・ゲイツ

関連項目[編集]

8->9->10